« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

興奮と金と

昨日のミルアルコトークライブにお越し下さった方、ありがとうございます。

終わってからザクマシンガン石川が誘ってくれたので、彼の家で日本代表対デンマーク戦を観戦。
誰かとサッカー観戦なんて、初めて友達んちに泊まりにいくみたいでワクワクしました。
お菓子やら買い込んで、キックオフまでの間ゲーム三昧。特に白熱したのが、ちょっと前のブログに書いたCAPCOM VS SNK2(カプエス)と言う格闘ゲーム。危うくキックオフ過ぎるとこまで夢中になってしまいました。

さて、いよいよデンマーク戦キックオフ!
石川とあーだこーだ言いながら観ていると、いきなりフリーキックで先制ゴール。
一瞬、僕も石川も何が起こったのかわからず顔を見合わせる。しかしすぐに興奮と歓声が追いついてきた。

夜中に吠える石川。わーわー喜びあっている時に、僕はふと「これで本田の移籍金やら跳ね上がるな。」とポツリ。
それを受けてゲラゲラ笑う石川。
「べーやん、すぐ金かよ。」
と言われました。
いや!絶対あの時僕と同じ事頭によぎった人はいるはず!

デンマーク代表のDF陣、完全に心折れてたな。麻雀で一発ツモされて親かぶりさせられた親みたいに。
それにしても日本のDFは堅いな。良いなぁ。

その後日本の勝利を見届けて、興奮冷めやらぬ僕らはそこから昼過ぎまでずっとカプエスをしていました。久々にあんなに格ゲーしたなぁ。100戦以上はしたな。


あ、ドラクエ7を始めようと思います。

| | コメント (8)

色々と戦った一日

昨日はオンバト+の収録でした。
ここ二日間体調は最悪で、収録当日も家を出る前に二回嘔吐していたのですが、不思議なもんでスタジオに入ると腹痛も何も気にならなくなりました。
いえそんな「プロ根性がどう」だの「仕事に集中していれば」だの、そんな格好良い事が言いたいんじゃあないですよ。ええ。決して。
ちょうどボイドタイムだったので、僕の不調な所が無効になったんだと良い風に捉えます。

収録終わって急いで帰る。何といっても日本代表の対オランダ戦ですからね。
しかし、ここでも既に戦いは始まっています。
家に着くまで一切の情報を遮断して、無事に帰る事が出来るのか。
いつもよりPodcastの音量を上げて電車に乗る。
案の定、車内はワンセグ放送で代表戦を楽しんでいる人達ばかり。
「嬉しさや悲しさを変に共有しようとしたり、そーゆー観てますよアピールやめてよ!」
と、根性曲がった考え方しか出来ない僕。完全な言い掛かりです。
その方々の表情も視界に入れないよう気を付けて、何とか無事帰宅。よし!勝利!
録画しておいたやつを追っかけ再生して、たっぷりと日本代表戦を堪能しました。


あ、オンバト+の放送日いつか聞くの忘れた。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

トップスピードまで行けるか?

モノクシータを動かす歯車が少しずつ加速し出しました。
天気の良かった、いや良過ぎた今週末に、オープニングやら幕間やらの映像を撮影した。
「ココだけの話」で桃園の誓いをしたカープさんが、映像の撮影及び編集のスタッフとして参加してくれた。非常に心強い。
ちょっぴり日焼けしながら撮影も全て終えた。
後は、ネタを作成し稽古していくのみです。
このブログを書き終えたら、僕も一本台本を書きます。採用されたいなぁ。

さて、告知です。
このモノクシータのメンバーで、トークライブに出させて頂きます。
6月24日に八王子のミルアルコと言うお洒落なバーで、20時から行われます。
ワンドリンク制ですが入場料がなんと無料なので、皆さん是非お越し下さい。ご飯がとても美味しいです。こう言わないと恐縮するぐらいお店のスタッフさんがご飯やお酒を振る舞って下さるからとかではなく、本当に美味しいので、お夕飯食べるついでで結構ですのでお待ちしております。


あ、今日は良い事と残念な事がいっぺんにあった一日でした。良い事は、全く美味しくなかった居酒屋が潰れた後にめっちゃ美味しい居酒屋が出来てた事。レバテキなる物がムハァ!ってなるぐらい美味かった。残念な事は、よく行っていたゲーセンから大好きな格ゲーが消えていた事。CAPCOM VS SNK 2 MILLIONAIRE FIGHTING 2001。日本で2番目にタイトルが長いゲーム。1番は何か忘れました。

| | コメント (5)

ポケモンWCSレポ

さて、ポケモンWCSの事を綴ります。

ひかえめメガヤンマ
持ち物 きあいのタスキ
エアスラッシュ、むしのさざめき、にほんばれ、みきり

いじっぱりギラティナ
持ち物 ひかりのこな
シャドーダイブ、おにび、じしん、まもる

おだやかルギア
持ち物 ラムの実
エアロブラスト、10まんボルト、めいそう、はねやすめ

なまいきクレセリア
持ち物 たべのこし
かげぶんしん、どくどく、ねむる、れいとうビーム

このパーティで臨みました。

一回戦の相手はマニューラ、キノガッサ、ゴウカザル、メタグロス。
まずはマニューラ、キノガッサ対メガヤンマ、ギラティナ。
十中八九ねこだましとスカーフキノガッサでキノコのほうしだろうと読んで、こちら二体ともまもるとみきり。
どんぴしゃで当たり。こうなると、かそくで素早さ一積みしたメガヤンマは無双です。
むしのさざめきをマニューラに、しかし襷カウンターマニューラの可能性があるので、襷潰しにギラティナもマニューラへおにび。
またまた読み通り。襷マニューラでさざめき耐えられましたが鬼火で乙。
何故かキノガッサ入れ替えてメタグロスを出して来ました。そしてマニューラの死に出しでまたキノガッサ。
キノコのほうしでギラティナ眠らされるも、メガヤンマのエアスラッシュでキノガッサを一閃。残るゴウカザルも、初手ねこだましをメガヤンマみきってエアスラッシュで一撃。
寝ているギラティナをコメットパンチしていたメタグロスも、メガヤンマ攻撃にシフトチェンジ。
でもメガヤンマがそれをみきりでかわす。
この時心の中で「上手い!このタイミングでのみきりはさすが俺!」と自画自賛の嵐でした。
勝った。と思いましたが、これは完璧な負けフラグなので自重しました。
みきりでヤンマがグロスを引きつけている間に目を覚ましたギラティナのじしんでノックアウト。
メガヤンマ大活躍の初戦でした。

二回戦の相手はピクシー、ディアルガ、カイオーガ、カビゴン。
やはり二回戦ともなると、伝説クラスが一気に増えます。
初手、メガヤンマは加速積みの為みきりで、ギラティナもディアルガのりゅうせいぐん読みでまもる。
ところがディアルガまさかのトリックルーム。

チィ!やってくれるぜ!
素早さの優先順位を逆にする技トリックルーム。どんどん加速していくメガヤンマはつまりトリックルーム後はどんどん遅くなっていってるわけです。
初戦と違って役立たずと化したメガヤンマ。
だがしかし!
トリパ(トリックルームパーティ)対策はバッチリでんがな。
攻撃受け用のクレセリアに交代。なまいきクレセリアは素早さが遅いので、ある程度トリパには対応出来ます。
次のターン、ディアルガのりゅうせいぐんでギラティナ撃沈。ひかりのこな(相手の命中率を0.9倍してくれる道具)全く発動せず。是非も無し。
クレセリアは影分身で居座りの準備に入る。
ただここからが、ポケモンが運ゲーと言われる洗礼をモロに受けました。
まず、ルギアにピクシーのかえんほうしゃが急所に当たる。ドラクエなんかでいう会心の一撃です。マザーで言うSMAAAASH!です。
さらに続けて、白いハーブで能力を戻したディアルガのりゅうせいぐんもまさかの急所。
ポケモン界でもトップクラスの硬さを誇るさすがのルギアも無念の撃沈。
心の中で「はいはい、運ゲー運ゲー。」と、早くも自暴自棄の俺。
しかし、この後がもっと質が悪い。

ディアルガと入れ替えてきたカビゴンがはらだいこで、攻撃力を最大限までアップ。
すでに5積みの影分身をしたクレセリア。影分身は回避率を上げる技なので、おそらくこの時で命中率100%の技でも30%以下になったはず。

いくら攻撃力があっても当たらねば意味がない。言わずと知れた、完全体セルの名言ですね。

ところが。
カビゴンのかみくだくが連発でまぁ当たる当たる。

ありえんわー!!

もう後は残念な状態となったメガヤンマが倒されるのを待つだけでした。

いやぁ悔しいなぁ。ここは芸人ポケモン会を結成して、来年はそのメンバーで殴り込みたいと思います。その時は好きなケッキング、モルフォンのスキルスワップコンボで旋風を巻き起こしてやるぜ!


あ、でも初めてゲーム大会に参加しましたが、楽しかったです。やっぱりポケモンは良いですねー。

| | コメント (7)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »