« 2016年2月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年4月

ポケモンカード デッキレシピ カオスウィールロック型

やぁ!おはスタポケモン部の田邉です!

今日は僕のデッキのなかでも嫌がらせデッキNo.1の呼び声高いデッキのレシピと考察をご紹介しますね。

■カオスウィールデッキ

▼ポケモン

ギラティナEX         3

サザンドラEX         2

ナゾノクサ           2

クサイハナ          2

ラフレシア           2

シェイミEX           2

▼サポート

プラターヌ博士        2

N                2

AZ               3

フラダリ            2

クセロシキ          1

フレア団のしたっぱ    1

ダイゴ             1

フウロ             1

▼グッズ

トレーナーズポスト      4

ハイパーボール        4

ヘビーボール         4

レベルボール         4

闘魂のまわし         2

バトルサーチャー       1

▼スタジアム

巨大植物の森         4

▼エネルギー

ダブルドラゴンエネルギー   4

ダブル無色エネルギー     4

超エネルギー           2

草エネルギー           2

コンセプトは「ロック」

ギラティナの技「カオスウィール」はダブル無色エネルギーなどの特殊エネルギーと自分に有利な環境に出来るスタジアム、そしてポケモンを強化できる道具を一切使えなくし、さらにラフレシアの特性「イライラかふん」でお互いのグッズも使えなくするという、とにかく相手の行動を制限する戦い方になります。

なので、自分の初手で何が何でもラフレシアを立てて、ギラティナにエネルギーを貼るというプレイングになります。

ポケモンカードルールでは出したばかりのポケモンは進化できませんが、そこを解決してくれるのがスタジアム「巨大植物の森」

そこで、初手にスタジアムを手に出来る可能性を秘めたトレーナーズポストは4枚必須ですね。このポスト、大好きです。

さらに、このデッキで良い仕事をしてくれるのがサザンドラEX。スタジアムが出ている時、ドラゴンタイプの逃げエネルギーを2個減らしてくれます。

つまり、サザンドラを2体出せば、逃げエネルギー3のギラティナはいつでもベンチに戻れるわけです。

しかも、サザンドラの技も良い!相手にかかっている効果を無視して攻撃可能という貫通技!

ギラティナEXの苦手なギルガルドEX、サンダースEX、レジアイス、そして新しい環境のしんぴのまもりメレシーを、ことごとくシバいてくれます!これが本当に大きい!

サザンドラEXを入れてから格段に勝率が上がりました。

それと、グッズでのポイントはヘビーボールとバトルサーチャー。

ヘビーボールはギラティナ、サザンドラ、ラフレシアを持ってこられるので、とても便利です。

サーチャーは「グッズロックデッキなのに要る?」と思うかもしれませんが、対戦相手がオカルトマニアを使ってくれた時が使い時です。今の環境だとゲッコウガbreakやオーロットなどを警戒して2~3枚入っていることが多い印象です。

このおこぼれサーチャーのお陰で何度も窮地を救われました。ちなみにポストもオカルトマニア発動中にガンガン使えるので、安易にプラターヌで捨てない方が良いですよ。

フレア団のしたっぱも、かなりこのデッキには良いです。中打点のギラティナは、ロックしたとはいえ倒し切れずに攻撃を食らう事が多いです。

なので、相手のエネルギーを剥がすこのサポートが、とっても活躍してくれました。特に特殊エネルギーを剥がした時は、よく「ボキッ」と相手の心が折れる音が聴こえます。ごめんなさい。

このデッキで2016年カメックスメガバトルのアドバンテージパス権利を獲得しました。本当に嬉しかったです!

今のトップメタである「よるのこうしん」や「白レックウザ」には非常に有利な展開になりますよ。(ちなみに僕が権利を獲得した時は5試合ありましたが、1~3回戦は連続でミュウこうしんでした。一番流行っていますね…)

こうしんにお悩みのあなた!よかったら参考にしてみてくださいね。

あ、中盤以降にダイゴを使う時は、必ずAZの方が良いですよ!上手い人ほどラフレシアをフラダリで呼ばれる事が多いです。質問はコメントまでどーぞ。

| | コメント (0)

ポケモンカード デッキレシピ クリープショー

■クリープショー デッキ

▼ポケモン

ズバット      4

ゴルバット     3

クロバット     3

ゴース       3

ゴースト      1

ゲンガー      3

ゲンガーEX    1

▼サポート

フウロ            1

フラダリ           1

センパイとコウハイ    1

プラターヌ          1

N               4

▼グッズ

トレーナーズポスト    4

レベルボール       4

ハイパーボール      4

時のパズル        4

バトルサーチャー     2

はかせのてがみ     2

炸裂バルーン       2

みがわりロボ       1

ふしぎなアメ        2

退化スプレー       1

▼スタジアム

次元の谷         4

パラレルシティ      1

▼エネルギー

超エネルギー      5

-------------------------------

これは初めて僕が組んだデッキです。もちろん当時とはだいぶ変更しています。

僕はおはスタポケモン部の部員なのですが、その中でも無類の毒タイプポケモンを好むプレイヤーです。

毒ポケモン…今では数多く存在する伝説ポケモン達のなかで、いまだに毒タイプを持つポケモンだけ存在しない、不遇なカテゴリー。

そんな唯一の存在が、僕が好む理由の一つでもあります!

さてそこで、毒ポケモンのみで構成した面白いデッキを考えていました。

ポケモンカードには毒の概念はあれど、毒タイプという概念はありません。

草デッキのフシギバナや、めまいのかぜモルフォン。ドラゴンデッキのバッドポイズンどくのけっかいドラミドロなども大好きです。

しかし、初めて参加した大会「バトルフェスタ2015」には、このクリープショーレシピで挑みました!

当時はもちろんNやバルーン、パズルは無かったのですが、デッキコンセプトは同じなので近い効果のカードを入れていました。

N⇒オダマキ、ジャッジマン

退化スプレー⇒AZ

パスル⇒ふしぎなアメ、サーチャー、みがわりロボなど

もちろんアドバンテージパスなど持っていなかったので、1回戦からスタート!

そしてなんとこのデッキで、プレミアステージまでいけました!

時間の都合で決勝トーナメントへはいけませんでしたが、初めて組んだ好みのデッキで勝ち進めたことが何より嬉しかったですねぇ。

さてコンセプトですが、クロバットの特性で相手EXポケモンにダメカンを乗せて、ゲンガーのクリープショーで落とす、というものです。

ターゲットホイッスルも考えましたが、バット系のダメカンばら撒きとはあまり相性がよくありませんでした。

意外と良い仕事をしてくれるのが、ゲンガーEX+ロボ+センパイとコウハイの組み合わせ。

ゲンガーEXは1枚なのでサイド落ちしていたらアウトですが、マストではないので今の所問題ありません。炸裂バルーンの登場で、より不要になりましたしね。

天敵はMジュカインとうねりの大海。うねりはクロバット分がちょうど回復されるので、つらいですが、Mジュカインは乗せることすら出来ないので本当につらい!

当時はパラレルシティではなく色の消えた街を入れていました。それほど天敵でした。

Mジュカインの場合はゲンガーEXでチマチマ乗せるしかないですね。

弱点が悪なので悪デッキにも相性悪いですが、もともとゲンガーはワンパン圏内なので、他の高火力デッキと立ち回りはさほど変わりません。

はっきり言ってそれほど強いデッキではないのですが、このデッキのお陰で僕はポケモンカードの魅力にとりつかれました。

これからもどんどんこのデッキを進化させていって、孤高のクリープショー使いを目指します!クリープショー!

| | コメント (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年6月 »